ブドウ(種なし・種あり)

 巨峰・ピオーネ・藤稔 (他の巨峰群、欧米雑種にも応用できます)

平成27
果樹病害虫防除歴

 

回数

散布時期

病害虫の発生状況

薬剤と調合量

100ℓあたり)

散布量(10aあたり)

注  意  事  項      

 

晩腐病対策として果梗の切り残し、まきひげの除去・カイガラムシ類には粗皮はぎを徹底する

越冬病害虫対策として石灰硫黄合剤20倍(5ℓ)を用いる。

 

 

1

発芽前  (3月下旬〜4月上旬)

越冬病菌、害虫
黒とう病、つる割病

晩腐病

ベンレートT水和剤20 200倍 500
または、ベンレート水和剤200倍 500
展着剤 20cc


300

1ブドウトラカミキリの秋防除を行わなかった場合は、2月下旬にトラカミキリ防除剤を散布する。

2ベンレートT水和剤20は単用散布とし、石灰硫黄合剤を2週間前までに散布する。

3ベンレート水和剤は石灰硫黄合剤と混用してもよい。その場合はベンレート水和剤を先に水に溶かしてから石灰硫黄合剤を加用する。

4ベンレートT水和剤20、ベンレート水和剤にかえて、トップジンMペースト3倍液を塗布してもよい。

5種あり栽培についてはベンレート水和剤500倍(200g)を用いても よい。

 

2

展葉56枚 (4月下旬〜5月上旬)

べと病、黒とう病が発生し始める。チャノキイロアザミウマ、フタテンヒメヨコバイが発生する。

ドーシャスフロアブル2,000倍 50cc

(注)注意事項@参照
加用スカウトフロアブル3,000倍 33cc

300

おうとう、すもも、うめの隣接園ではドーシャスフロアブルにかえてアリエッティ水和剤800倍(125g)を用いる      

 

3


展葉910枚 (5月上旬〜5月中旬)     

べと病、黒とう病、クワコナカイガラムシ、アブラムシ類、チャノキイロアザミウマ、フタテンヒメヨコバイの発生期。

オーソサイド水和剤80 800倍 125
加用モスピラン顆粒水溶剤2,000倍 50

300

 

 《べと病防除剤の注意事項》

1アミスター10フロアブルやストロビードライフロアブルなどのストロビルリン系薬剤については県下全域で耐性菌が確認され防除効果が期待できないため使用しない。

2リドミルMZ水和剤は一成分のメタラキシルに対して耐性菌が確認され、治療効果の低下もみられるため使用しない。

 

 

1すももの隣接園ではオーソサイド水和剤80は 薬害の発生する恐れがあるので飛散に注意する。

2べと病の発生がみられる園では、発生初期にベトファイター顆粒水和剤2,000倍(50g)を用いる。

3ベトファイター顆粒水和剤は周辺に立木類がある場合は飛散しないよう注意する。耐性菌の出現を防ぐため、連用をさけ年1回の使用とする。

4前年うどんこ病の発生が多かった園ではスイッチ顆粒水和剤2,000倍(50g)にかえてフルーツセイバー1,500倍(66cc)を用いる。

5スイッチ顆粒水和剤は、おうとうの隣接園では薬害の恐れがあるので、フルーツセイバー1,500倍(60cc)を用いる。

6クワコナカイガラムシの多い場合は、アブロードフロアブル1,000倍(100cc)を用いる。

7ミカンキイロアザミウマの多い園では除草を徹底し、開花直前にアーデント水和剤2,000倍(50cc)を用いる。

べと病対策として曇雨天が続く場合は散布間隔があかないようにする。

 

4

開花直前(5月中旬〜5月下旬)

べと病、灰色かび病、黒とう病、クワコナカイガラムシ、チャノキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマの発生期。

オーソサイド水和剤80 800倍 125
加用フルーツセイバー 1,500倍 60cc

またはスイッチ顆粒水和剤 2,000倍 50

300

 

種なし栽培:第1回ジベレリン処理(晩腐病対策として、処理後直ちにロウ引き傘かけを行なう)

1.花かすをできる限りていねいに取り除き、灰色かび病の多い園ではスイッチ顆粒水和剤2,000倍(50g)を用いる。

2.前年クビアカスカシバの被害の多い園では、小豆大までにパダンSG水溶剤1,500倍(60cc)を用いる。ただし、散布時期が遅れると果粉の溶脱が心配されるので注意する。デラウェアは登録が失効したので、隣接園では飛散に注意する。

5

落花直後

5月下旬〜6月上旬)

べと病、灰色かび病、黒とう病、うどんこ病の発生が多くなる。晩腐病の感染期。

 クワコナカイガラムシ、チャノキイロアザミウマ、ハダニ類、ブドウサビダニの発生期。ハマキムシ類、トリバ類の発生が始まる。

 

ジマンダイセン水和剤 1,000倍 100g  

加用コテツフロアブル4000倍 25cc    

300

前年うどんこ病の発生が多かった園では、トリフミン水和剤3,000倍(33g)を用いる。

6

小豆大(6月上、中旬)

べと病、黒とう病、うどんこ病、トリバ類の発生期。 晩腐病の感染期。

ジマンダイセン水和剤1,000倍 100g(収穫45日前までに散布)

加用アドマイヤーフロアブル 5,000倍 20cc

300

 

1この時期の散布が遅れると果粉の溶脱・汚染が心配されるので注意する。

2落花後のチャノキイロアザミウマ防除から散布間隔を開けないようにし、散布後、袋かけをできるだけ早く行う。

3チャノキイロアザミウマは袋内にも侵入するので、トメ金はしっかり固定する。

4 アドマイヤーフロアブルにかえてスカウトフロアブル3,000倍(33cc)を用いてもよい。

 

種なし栽培:第2回ジベレリン処理

晩腐病対策として、カサ・袋かけはできるだけ早く行う。

チャノキイロアザミウマ対策として、袋かけが遅れる場合や前年発生が多かった園ではアドマイヤーフロアブル5000倍(20cc)を追加散布する。

クビアカスカシバの多い園では、パダンSG水溶剤1500倍(66g)を傘かけ、袋かけ後に散布する。

ただし、デラウェアは登録が失効したので隣接園では飛散に注意する。

7

袋かけ直後(6月中旬〜6月下旬)

べと病の多発期。

晩腐病の感染期。

ブドウサビダニ、チャノキイロアザミウマの発生期。

4-4式ボルドー液

(硫酸銅400g・生石灰400g)またはICボルドー66D 40倍 2.5kg 

加用コロマイト水和剤2,000倍 50

(注)注意事項B参照

400

1.カサかけ園では、これ以降は棚上散布とする。

2.棚上にも十分散布する。

3すももの隣接園ではコロマイト水和剤にかえてピラニカ水和剤2,000倍(50g)を用いる。

 

8

7月上旬〜中旬

チャノキイロアザミウマの多発期。

クワコナカイガラムシの発生期。

べと病、さび病の発生が続く。

種なし栽培

          種あり栽培

400

1この時期からチャノキイロアザミウマの密度が急に高まるので散布間隔があかないよう注意し、棚上からも十分散布する。

2チャノキイロアザミウマの多い場合は、ディアナWDG10,000倍(10g)を追加散布する。

3.遅場地域の8月中、下旬散布は、ボルドー液加用アーデントフロアブル2,000倍(50cc)とする。

4 ボルドー液を使用する場合には、アーデントフロアブルを10ℓ以上の水に溶かしてから、ICボルドー液を混用する。

5 ICボルドーを使用する場合にはアーデントフロアブルを先に溶かしてから、ICボルドーを混用する。

4.房枯病、灰色かび病、白腐病、晩腐病果は見つけしだい取り除く。

4-4式ボルドー液(硫酸銅400g、生石灰400g)またはICボルドー66D

40倍 2.5kg

加用モスピラン顆粒水溶剤2,000倍 50

(収穫14日前までに散布)

           ―――

 

除袋前

7月中旬〜7月下旬)

 

チャノキイロアザミウマの多発期。
べと病、サビ病の発生が続く。

晩腐病、灰色かび病の発生期。

      ―――

4-4式ボルドー液(硫酸銅400g、

生石灰400g)またはICボルドー66D 40倍 2.5kg

加用モスピラン顆粒水溶剤2,000倍 50g(収穫14日前までに散布)

400

9

除袋前

7月下旬〜8月上旬)

4-4式ボルドー液(硫酸銅400g、生石灰400g)またはICボルドー66D

40倍 2.5kg

加用アーデントフロアブル

2,000倍 50cc

          ―――

400

8月上旬〜中旬

 

棚上散布

アーデントフロアブル2,000倍 50cc

400

10

収穫直後

9月上〜中旬)

べと病、さび病の発生が続く。ブドウトラカミキリの産卵期。

4-4式ボルドー液(硫酸銅400g、生石灰400g)または

ICボルドー66D 40倍 2,5kg

加用スミチオン水和剤40 1,000倍 100

400

スミチオン水和剤40は、かき、りんご、キウイフルーツの隣接園では飛散に注意する。

 

11

10月下旬〜11月上旬

ブドウトラカミキリの幼虫期

トラサイドA乳剤 200倍 500cc

またはラビキラー乳剤 200倍 500cc

300

1.隣接園に収穫前の果樹がある場合は、飛散に注意する。

2.住宅隣接園では、トラカミキリ防除剤にかえてモスピラン水溶剤2000倍(50g)を10月中旬までに用いてもよい

3.古づるや新梢によくかかるように散布する。